失敗しない注文住宅!理想の家にする為に事前に考える3つのこと

Sponsored Link

 

 

 

不動産屋「さっそくですが、どんな家にしたいですか?」

 

夫婦「んーと、住み心地が良くて、日当たりが良くて」

 

不動産「ふむふむ、屋根は?リビングの素材は?コンセントの位置は?シャワーのメーカーは?トイレのメーカーは?」

 

夫婦「あ、いや、すみません。ちょっと考えてみます。」

 

 

新築の一軒家を注文住宅でお願いする場合、ほんとに細かいとこまで決めます。

 

良さそうな素材やカラーを選んでもそれをひとつ(リビング)にした時に、統一感がなくオシャレなようでオシャレではない家になり失敗したと感じてしまうかも。

 

分からないことが多くてまるで結婚式の打ち合わせのような感覚。
結婚式は、一度経験したらアドバイスできますよね。僕も注文住宅を経験したので、これから家を建てる人に少しでも失敗しない良い情報をご提供できればと思います。

 

 

周りの環境から考える

 

そこに家を建てるということは、お隣さんと何十年もお付き合いして行くわけです。お隣さんにもご迷惑がかからない住宅を考えましょう。

 

僕が思うに、3つだけ抑えておけば大丈夫かなと思います。

 

1、窓の位置

お隣さんの窓はどこに付いていますか?何に使っている部屋か考えてみましょう。同じような位置に、窓を付けてしまったら朝カーテン開けて目が合って、にらめっこの状況になりかねません。そのままアップップまでいくという人はほぼいないでしょう。

 

 

2、室外機の位置

これは実際に、僕が経験しました。家の側面に室外機を付ける予定で業者さんが設置をしていた所、

 

隣のおばちゃんが、

「ごめん、そこに室外機置かないで」

 

業者「設計士さんからここという指示があったので、変えられません。」

 

おばちゃん

「お願いだからここはやめてください。」

 

とのやり取り。もし、僕がおばちゃんの立場だったら、僕も文句を言っていたと思います。

おばちゃんに文句を言われた理由が

 

室外機の設置場所がおばちゃんのキッチンの窓の真ん前だったから
gatag-00000251

 

この窓の目の前に、室外機があるとたしかに悲惨ですよね。熱風と音でノイローゼになりかねません。すぐに、設計士さんに連絡し室外機の場所の移動をお願いしました。

 

設置の業者さんには、また後日来てもらうという手間とかけさせてしまった。事前に分かっていればスムーズに終わっていたはずなのに。。

 

3、庭の植物

もし、隣の家に植物がほぼなかったら虫が嫌いな家庭だと思ってください。地面はほぼコンクリートの場合、虫が沸かないよう業者にお願いして作った家なのかもしれません。

 

植物が大好きなあなたが木や芝生を植えて虫が住みやすい環境を作ってしまったとき、お隣さんとの関係が悪くなる可能性もありますよね。

 

夫婦「虫さん、あなたの移動範囲はこの庭だけだよ。OK?」

 

虫「ういーーっす。」

 

となるパターンはほぼないでしょう。虫は人間の言葉を理解できません。お隣に忍び込んでも不法侵入にならないのが虫なのです。

 

 

 

家の雰囲気を決める

 

家のコンセプトを決めましょう。「コンクリート打ちっぱなし風の家」「木の家」「モダン風」など。インターネットで、ゴロゴロあります。

 

我が家はこちらのサイトで検索しまくりました。

Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

https://jp.pinterest.com/

 

基本、オシャレな画像しか出てこないので参考画像を探すには良いと思います。

 

リビングは一階?二階?

うちは二階をリビングにしました。二階にリビングは日当たりが良い、天井を高くすることができる、歩行者の視線を気にしなくても良い。などなど

 

 

早い段階でどこに何を入れるのか決めておく

 

これがちゃんとできていれば、引越しもスムーズに終わります。できていなかった場合、引越し時にとりあえずリビングで。。ということになり、整理がめっちゃ大変になります。

 

なるべく細かく決めよう

キッチンであれば、使ってる調理器具やお皿の量などをPCで打ち込みましょう。そして、どこに入れるかを想定しておきます。

 

電子レンジはどこに置けば効率良いかな。ここに棚があったら便利だから今度設計士さんに相談してみようなど。

 

これを完成後に行うと、完成されたもので無理やりやりくりしかないというにことにあり、せっかくの注文住宅なのに。。。となってしまいます。

 

他にも掃除機、布団、洋服など細々としたものってけっこうありますね。すべて書き出してどこにしまうか決めちゃいましょう!

 

コンセントの位置を決めるとき

 

どの部屋に、今ある家の物を置くか決めたら次はコンセントの位置を決めましょう。

テレビはどの位置で見るのか、パソコンを置く場所はここで良いのか、この部屋は、上にあった方が防犯カメラ的なものを付けるのに便利だなとか。

 

これもあらかじめ、各部屋のイメージができていると決めやすいです。案外上にあると便利だったりもしますので見逃さないでください。

 

エアコンの位置は案外やっかい

 

エアコンの取り付け可能位置を先に把握しておきましょう。

 

おしゃれなリビング。しかし、夏は暑く冬は寒いのでエアコンは必須です。
エアコンは見栄えがあまり良くないのでなるべく目立ち立たせたくない。しかし、目立つところに置かないと部屋全体に冷気、熱気が伝わらない。
設計士さんとの話し合いで、そういえばエアコンなんですが、今のところここらへんに設置ができます。この時点で微妙な場所にしか設置できないのであれば、ピンチです。
なので、予めエアコンが目立たない場所に設置できるよう設計してもらうのがアリだと思います。

 

最後に

 

事前に、家のイメージや何をどこにしまうかを決めておくことによって、より理想に近い家を作ることができます。

何をして良いか分からなくなったとき、ご質問などあればお答えできますので気軽にコメントかメッセージを頂ければご相談にお答えできます!

 

失敗しない家作り、応援してます~~!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です