初めてのDIY!2700円で作るテレビ台の作り方

Sponsored Link

 

テレビ台が欲しいけど、家にリビングのピッタリと収まるテレビ台ってなかなかないですよね。

 

僕も、テレビ台をネット通販で見ていたのですが、しっくりくるものがないので

 

自分で作ってしまおう!

 

と決意しちゃいました。

 

しかも初めてDIY。。。

 

うまくできるかな。。。

 

作った方が手作り感が出て高級に見える

 

最近のモノでいうと綺麗に仕上がっているモノの方が高級感がないというイメージがあります。

 

手作り感がある方が、価格が高い世の中になってきたように思います。機械=綺麗に仕上がる=安いという式が成り立ってるからですね。

 

なので手作りで作った方が高級感が逆に出るかなって(笑)

 

という訳で、まずは設計図から

 

テレビ台の上に置く予定のものは、テレビ、無線LAN。中に入れるものは、ブルーレイレコーダー。

 

なので、かなりシンプルにしようと思いました。(シンプルなものしか作れないだろうから)

 

 

そして出来上がった設計図がこちら

 

 

手作りの何が良いって好きな大きさに作れること

 

テレビ台を置く場所を決めて、メジャーでこのくらいかなという位置の長さを測ります。

 

図でいうと150cmの部分ですね。奥行きも同じように決めます。(ちゃんとテレビの大きさを考慮して)図でいうと36cm

 

設計図は、このような超シンプルなものでも問題なかったです。

 

どうです?僕の設計図の下手さを見て自信が出てきたのでは?

 

 

木を買いにいこう

 

ホームセンターで好みの木を探します。

 

室内なので、耐久性とかあまり気にせず好みのもので良いやーという適当っぷり。

 

おっ!俺好みの木がありました。

 

その名もホワイトウッド。値段も手頃だしこれにしました。

 

しかし、奥行きが36cm欲しいのですが縦幅(奥行き)30cm以上の木がありません。

 

なので、18cmにカットしてもらった木を2本使って36cmになるようにしました。

 

つまり、設計図のテレビ台の奥行きが18cmのモノをふたつ作るということです。

 

確かお値段にして、木2本とカットで2700円ほど。

 

設計図を店員さんに渡して(恥ずかしい)木をカットしてもらい、家に帰っていざ作業へ!!

 

いざ組み立て!

 

インパクトドライバーで、9.5mm(ウル覚え)のビスを打ちまくっていきます。

 

ここまではなんとか順調、4本のビスを打っただけです。(ぶっちゃけ誰でもできる)

 

 

ここで注意報!!足の3本。1mmでも長さが違っていたらどちらかの足が浮いてしまいます。

 

きっとビスを打つ強さも影響あると思います。

 

僕はビスを打った後に気が付きました。ガタッガタッ。

 

2mmちょいくらいは浮いてたような。

 

少しヤスリで長いほうを削ってみましたが、あまり改善されず、イスやテーブルではないので、そのままにしました。

 

実際、そのガタガタは設置後一切気にならないので、気にしないでいきましょう。

 

真夏の庭で汗だくになりながらなんとか2つ作り終えました。

 

ここで注意報!!ふたつ重ねたときにブルーレイレコーダーを入れる部分の高さをぴったりと合わせること。でないとブルーレイの前か後ろが浮いて故障の原因になりかねません。

 

しかしまー、初心者でここまで来くちテンション上がってきますよね。

 

まさかの僕が家具作り!?新しいことに挑戦っていいことです!

 

そして、我が家には、2歳のやんちゃな娘がいるので、こけたりした時に頭をぶつけないように角をヤスリで削り少し丸くします。

 

 

 

自分も安心しますし、友人の子供が来た場合にも怪我防止にもなるので小さいお子様がいる場合、角の丸みは必須項目です!

 

これでなんとか形は完成しました。最後の仕上げに、植物性オイルを全体に染み込ませて完成です。

 

植物性オイルは、人間でいうと保湿クリームみたいなモノでしょうか。

 

2年位はしっとりを保つらしいので乾燥で割れることもないという効果が期待できみたいです。

 

いよいよリビングに設置

 

初めての家具を設置する時はドキドキとワクワクでした。

この俺が家具を作った。

 

どうですか?手作り感満載でしょう(笑)

テレビの下の空洞には、今おもちゃ入れなどのボックスを入れています。コードを隠すこともできるので、ボックスはありがたいですね。

 

僕にとっての初めてのDIY作品となりました。図画工作な苦手な僕でも楽しくできたのでぜひ挑戦してみてください。

 

そして、DIYの基礎を覚えておくことで、大震災なので余儀なく外ですごさなければならない時、小さな小屋を作ったりなど頼りになる存在になること間違いないと思います。

 

覚えていて無駄ではないスキルなのです。

 

2つの道具があれば大体なんでも作れる

 

まずひとつめに、DIYをやるなら絶対に必要なインパクトドライバー。実際にはこれを使いました。パワーもあり、おすすめです★

実際に使用した丸ノコです。初心者には安くてコスパが良いです★

娘のテーブルとイスも作りました♪↓↓↓

DIYで娘のテーブルと椅子を作ったら、DIY家具の素晴らしさに気がついた

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です