バルコニーを長持ちさせる為に木に塗ったモノ

Sponsored Link

 

お隣さん

「あなたのとこのバルコニー、それでは2年持つか持たないかだよ」

 

「なぬ。まじですか?」

 

お隣さん

「ほら、見てみな。木が乾いてる感じになってるだろ?」

 

「これ乾いてるんですかね〜」

 

隣のおじいちゃんは神の声

 

無知な私に教えてくれた隣のおじいちゃん。

 

バルコニーの木がこのままでは長持ちしないと聞いたので、不安と焦りが。

 

とりあえず、ネットで何が良いか調べてみる。どうやらステインというやつを塗るみたいだ。オイルではないんだね。

 

そして、僕が決めたステインがこれ!

 

 

 

ウッディーガード!!分かりやすい名前(笑)

これが価格もお手頃で、良い味を出してくれるらしい。

 

色々な種類の色があるなか、ライトオークを選んだ。ライトブラウンみたいな茶色よりも少し薄いような色です。ライオンみたいな。

 

ちゃんと塗る用の刷毛も購入しました。たしか250円くらいだったかな。

 

口コミを信じて僕はこれをバルコニーに塗ることにした。

 

塗る前にバルコニー

 

まずはマスキングテープから

 

この水性ステインってやつは塗料なので、周りにマスキングテープを貼ったほうが良い。

 

白の壁に、色が移ってしまったら一瞬でダサくなる。

 

ちなみに一階のバルコニーを塗ったときに、モルタルに塗料が付いてしまい、モルタルが変色してしまいました。

 

ということで、マスキングテープを貼る

 

 

これを四編やっていきます。

 

慣れるとスパスパ貼れるので今のうちに練習しておいたら5年後には、娘から「お父さん素敵」を呼ばれるはずです。

 

いよいよ塗ります

 

なるべく均一にを意識して塗りましょう。多少ムラがあっても全然平気です。僕も適当に塗って、良い感じになったので慎重な方はもっと良い味が出るはず。

 

手や足につくとやっかいなので、手袋をした方が良いです。僕は素手のままやって手に塗料が付き、石鹸でもなかなか取れませんでした。

 

一時間後に嫁の両親と会いましたが手が汚かったのでもしかしたら嫌な思いをさせてしまったかも。

 

まーそれは置いといて。いよいよ塗り始めます。果たしてこれでバルコニーの木は長持ちするのか!?

 

塗り始めてから数分

 

ちょっと紫っぽくなってるけど大丈夫かなーーー。こんな色(笑)!?

 

いや、ライトオークって書いてあったのでまさかパープルは入ってこないだろう。

 

もう後戻りはできないから、信じるしかない

 

そう。色の例がないとほんとに出来上がりは運!元々の木の色にもよるから安易に業者は、参考ページとか作らないんだろうな〜。

 

さておき

 

この木のサイズはひとマス、横10cm。縦が180cmほど。これを25枚くらいですかね。かかった時間は、30分程

 

 

と思っているうちに、木がどんどん良い色になってきました!

 

おーーー!なにこの艶は!

 

なんか生きてる木と死んでる木みたいじゃないか!

 

隣のおじいちゃんが言ってくれなかったら、木が保護されてないことに気がつくことができなかった。

 

きっとこれから何十年もたつと、屋根やらもダメになってくる。色々今のうちに勉強しておいた方が家が長持ちする(いつも言うのは最初だけ)

 

良い色、良い艶!他にもこんな効果が!

 

どうですこの色!

人も好みはあるでしょうが、こんな色と艶になるので木がイキイキしてる感じがしますよね!


最初にあったシミみたいのも気にならなくって馴染んでいる。さっきの死んだ木だと、清潔感がないイケてない男子のようだ

 

効果は、見た目だけではなく「防虫」「防壁」「防カビ」など。かっこ良くなった+保護してくれるなんて、塗らない理由がないーーー!!

 

全部塗れたら2日間乾かします。それまで、バルコニーに何も置かないのがベスト!どうやらあとが付くみたいなので。

 

息を吹き返した木なのだから大切に育てて行きましょう!

 

コストパフォーマンスに優れている

 

今回、ウッディーガードを塗って思ったことは、これだけのコスト(使った分だけ計算してみると500円くらい)でバルコニーがこんなにかっこ良くなる。そして、腐るのを防いだり、虫のすみかにならないようにしてくれる。

 

先ほども言いましたが、塗らない理由はない

 

塗ったからこそ言えるセリフですね。。

 

そして

 

寝っ転がったりしても安心できるバルコニーとなりました。今までの死んだ木では、寝そべようと思わなかったんです。

 

やってよかった

 

最後に

 

塗料を塗るってやり直しがなかなか効かないし、実際に塗っている家など見ないとなかなかイメージ沸かないですよね。

 

分かりやすいようにビフォアフターの画像です。

バルコニーに何を塗って耐久性を高めようか迷ってる方に、この記事が少しでも参考になればいいな!

 

 

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です