イヤイヤ期真っ最中!2歳の娘に追加されたイヤイヤとは

Sponsored Link

娘も2歳と2ヶ月になった

 

イヤイヤ期に突入して、更にイヤイヤが増した気がする

 

でも、成長している証拠だ。教科書通りに健康に育ってるのだから100点に近い成長ぶりだとお父さんは思っている。

 

増えたイヤイヤその1

 

新しく増えたイヤイヤがある。

 

まずは、お風呂だ

 

お父さん「さっちゃーん、お風呂だよー」

 

娘「お風呂入らない〜〜」

 

お父さん「お父さんとはいる??」

 

娘「ない」

 

お父さん「じゃー誰と入るの??」

 

ここで、前まではお母さんと入ると言っていたのだが、

 

娘「お風呂入らない〜」

 

しかし、お風呂は入れなきゃいけないので無理やり連れていきました。

 

案の定泣きじゃくるが、入ってしまえば歌とか歌えば楽しんでくれる。

 

イヤイヤ期は楽しませたら勝ちという部分はあるのだ。

 

本日も、お風呂イヤイヤと言うと思ったので水風船を買ってきた。娘は、水風船に興味津々。

 

お父さん「これはお風呂の中でしか遊べないんだよー」

というと、喜んでお風呂に入ってくれました。

 

しかし、子供への技も免疫が付くように何度も同じ手に引っかからない。

 

常に次の手を考えておかねばならないのだ。

 

増えたイヤイヤその2

 

8月なので、夏バテなのか食べる量と種類が減りました。

 

前までは好きだったモノが、2口くらい食べて「いらない」と言われ、毎日何を作って良いのか分からない状態。

 

相変わらず納豆ご飯はコンスタントに、好んで食べてくれるのですが

 

それ以外の食事は

 

自分から好んで食べてもらうのではなく、無理やり食べさせてる感じ

 

もっと、やったーご飯だーーー!!というノリで食べてもらいけど、うちの子は食べ物に興味がないのかな。

 

料理好きなお父さんとしてはちょっぴりさみしい

 

でも、きっと食に目覚める日は来るはず

 

成長した部分その1

 

言葉のバリエーションが増えました。

 

「犬さん、さっちゃんの事見てる」

「はい!こっちおいで~!」

「小さい虫さんが、ねんねしてるのー」

「はい!オッパッピー!」

 

一番驚いたのが、「さっちゃんの事見てる」というセリフ

 

「○○の事+動詞」とか教えてないのに。親の言葉を自然に覚えてるのでしょうか。

 

言葉を覚えるには、たくさん話しかけることが大事なんだなと改めて感じました。

 

そして歌もよく歌うようになりました。

 

「おーうーまーのかあちゃんはやしゃしいかあちゃん、いちゅでーもいーしょにおっちょいおっちょいあるーちゅー」

 

成長した部分その2

 

親が言ってる事が理解できるようになってきました。

 

言葉はアウトプットできないけど、インプットはできている

 

英語の勉強をしていて、なんとなく言ってる事はわかるけど返事ができない時ってありませんか?

 

言われてる単語さえ分かれば、何言ってるか大体想像つきますが、話すという事になると、文法を理解していないと言葉を発せないみたいな

 

なので、ある日友達が来た時に娘にこんなことを言ってみました。

 

娘がお菓子を全部食べて、口の中でもぐもぐしている時に

 

お父さん「あれ?さっちゃん、お父さんのは??」

 

すると、娘は、やべっ!という顔になり口から出して、お父さんに渡そうとしました。

 

この行動により、このセリフもちゃんと理解出来てるんだなという気持ちと、優しい子だなという親バカな気持ちに。。。

 

その娘の行動を見て、みんなで笑っていました。

 

すると、娘は泣いてしまった。

 

たぶん、からかわれてるというのが分かって悔しかったんでしょう。

 

まさか、からかわれてるという感情も分かるようになってきたなんて、ごめんねという気持ちと嬉しい気持ちになりました。

 

知らぬ前に娘が成長している。もっと、父ちゃんも娘の成長に敏感になって良いとこは伸ばしていかないと!!

 

最後に

 

子供って凄まじいスピードで成長しますね。

 

2週間前の対応じゃ古いと言わんばかりのスピード感があります。

 

次はどんな問題が出てきて、どれくらい成長してるんだろうと思うとワクワクしますね!

 

今日は公園でボルダリングに挑戦していました。

 

 

 

 

いつか怪我するタイプの娘、これからの成長に期待です。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です