太る原因を徹底的に調べてみたら問題はひとつだけだった。

Sponsored Link

 

 

ダイエットして痩せてはまた食べて太り、またダイエットをして痩せてはまた太り。。。。

 

という経験はありませんか?

 

今まさに僕がその状態。

 

このままではあかんと思い、ブログ記事にすることによって自分の体と向き合って考えてみようと思いました。

 

座るだけでおなかのお肉を感じる。確実に太った。

 

でも、体重計は怖くて乗れない。

 

しかし、このままではデブへの道まっしぐらなのでここで止めよう

 

太った原因を追求

 

ここ2ヶ月を振り返ると、なぜ太ったのかが目に見えて分かる。

 

環境が変わった為

2016年6月に新居に引越したので今までの習慣がチャラになった。きっちり100gのご飯を食べて習慣付いていたのに、引っ越してからはその習慣がなくなってしまった。

 

ストレスの為

環境が変わったからなのか、ストレスが体にかかってお酒と美味しいもので自分を正常に保とうとしていた。嫁や子供に当たらないように、食べ物でカバーしていたのだ。今までストレスを感じることなかった僕だが。色々と体は感じていたのだ。

 

自転車通勤してるから大丈夫だろう

片道20kmの通勤を自転車で通勤している為、往復だと40kmにもなる。カロリーで表すと、約1000kcalの消費なのだ。(アプリだと)しかし、実際下り坂や流して漕ぐこともあるので、実際は700kcalくらいなのではないかと感じている。

今日は自転車通勤したからたくさん食べても大丈夫だろう。となり、たくさん食べて胃が大きくなり、また限界まで食べてしまう。しかも、自転車後のご飯がめっちゃおいしいから余計に食べてしまうのだーーーーー。

原因が分かっているなら改善すれば良い

 

原因は、主に「環境の変化」「ストレス」「自転車通勤の為食べ過ぎ」

なのだ。つまり、この3つを改善すれば痩せるってことじゃないか。

 

子育ては、原因がよく分からないから、なかなか解決できず世の中の親はイライラしてしまう。ま~人間相手ですからね。学校のいじめをなくすのも不可能だと思います。

 

しかーーーし、今回は人間は人間でも自分自身の問題なのだ。弱虫な自分をどれだけ説教できるか。

 

そういえばゆずの歌詞でこんな歌詞があった。

 

誰の心の中にも弱虫存在していてそいつとどう向き合うかにいつもかかってんだ

 

よーし、その弱虫に勝ってやろうじゃねーか

 

改善策を練る

 

環境の変化

今までの習慣がチャラになってしまったのなら、また新しい習慣を作れば良い。それをナーナーにしていたからずるずると太って来てしまったのだ。なので、今日からご飯100g生活開始!!!

 

ストレス

ストレスを感じない人間っていないですよね。では、そのストレスを食に回さないようにするにはどうしたら良いか。嫁に食事の量を減らしてもらうという手もありますが、それではストレスの解消にはならないので、豆腐やこんにゃくや野菜などの低カロリーな食材を用意してもらう。これだ!!!満腹中枢さへ満たされれば!

 

自転車通勤の為食べ過ぎ

自転車に乗ったあとは、腹ペコ腹ペコで爆食いコンディションになっているんです。この爆食いコンディションにしない為に、良いことを考えた。

家に帰ってくる(爆食いコンディション)炭酸水500mlほど飲む(まだ爆食いコンディション)お風呂に入る(ちょっとおなかいっぱいになってきた)夕飯、食欲抑えられてる&低カロリーな食事

 

よくよく見ると3つともたくさん食べちゃうのが問題ですね。

結局は、今後も新たな問題が出てもたくさん食べちゃう癖が出ちゃうのだろうと思います。

 

ということは、この3つの問題を解決しても、また気がついたら新たな問題が発生して、また太るということじゃないですか!

 

つまり、たくさん食べちゃう癖が出てしまうときに解決する方法が必要なんだ!!!

 

結論

 

たくさん食べちゃう癖が出てしまうときに解決する方法さえ分かれば、今後何が起きても太らないんです。

 

僕はその癖が出そうな時は

 

家に帰ってくる(爆食いコンディション)→炭酸水500mlほど飲む(まだ爆食いコンディション)→お風呂に入る(ちょっとおなかいっぱいになってきた)→夕飯、食欲抑えられてる&低カロリーな食事

 

を心がけていこうと思います。

 

こうやって自分としっかりと向き合ってみると、

 

根本的な問題見えてくる!!!

 

 

これはダイエット問題だけでなく、他の問題にも使えるかもしれませんね!

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です