2歳と6ヶ月になった娘の流行っている2つの言葉

Sponsored Link

どうも、おっさん父ちゃんです。

 

さっちゃんはまたもや新しい言葉を覚えてやたら使っています。

 

2歳6ヶ月になった、さっちゃんの今の流行りセリフが

 

「ねーねー、さっちゃんどこにいるのって言って」

「おかあさんもお菓子食べたいな〜って言って」

 

という言って攻撃。大体の会話に必ず出てきます。そして、妻とさっちゃんのこんなやり取りがありました。

 

さっちゃん「ねーねー、お菓子ちょうだいって言って」

妻「お菓子ちょうだい」

さっちゃん「だーーーめ。さっちゃんが食べるから」

 

普段、お母さんにダーメと言われてるからその真似でしょうか。◯◯って言っては7月くらいから始まったと思います。きっかけは、俺の姉。

 

姉は、10年ほど幼稚園で働いてたので子供の扱いが凄くじょうず。さっちゃんもかわいがって貰っています。そんな、姉がさっちゃんとこんな遊びをしました。

 

ぬいぐるみを持って「さっちゃーんどこにいるの〜〜??」

 

さっちゃん「さっちゃんここだよー」

 

姉「あれー?この隙間かな〜〜」

 

さっちゃん「さっちゃんはここだよ!!」

 

姉「あーーーさっちゃんいたーー!」

 

さっちゃん「ゲラゲラゲラ」

 

俺には何が面白いのか理解できないが、さっちゃんは爆笑していました。さすが姉。子供は何が楽しいかをわかっている。

 

それからというものの、その遊びにハマったのか「さっちゃんさっちゃんどこいるのって言ってー」が始まりました。

 

もうひとつの流行語は、

 

「ちょっとだけ」

 

ちょっとだけという言葉を覚えました。さっちゃんの使い方はこんな感じです。

 

さっちゃん「おやつ〜〜〜」

 

お母さん「まだおやつの時間じゃないよ!」

 

さっちゃん「ちょっとだけ〜〜〜」

 

他には、

 

さっちゃん「公園行く〜」

 

俺「ご飯食べたらいこうね!」

 

さっちゃん「ご飯食べない。公園行く。ちょっとだけ〜〜」

 

このようにちょっとだけなら、食べれるかもとか公園行けるかもと思って発しているようです。

 

よく妻が、さっちゃんのおやつ誘惑に負けたときに「ちょっとだけだよ!?」と言ってるので、たくさんは無理だけどちょっとだけならハードルは低くなると思ってるみたいです。

 

次はどんな言葉が流行るか楽しみです。

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です