娘の胃腸炎が移り、もがき苦しんだお父さんの一日

Sponsored Link

ずーーーーっと寝てました。とにかく腹が痛い。

 

そう、僕は娘の胃腸炎に移ってしまったのだ。娘はどこからウイルスを貰ってきたのか、移った僕はどんな日々を送ったのか。これをしたら楽だったとか辛かったなどの経験を胃腸炎が移った人に伝えられたらなと思います。

 

娘はきっとここでウイルスを貰った

 

胃腸炎になる、おとといですかね。娘と室内で遊べる場所にいったんですよ。そこに子供は50人はいたかな。そこで4時間くらい遊ばせたのでそこでウイルスを貰って胃腸炎になったのはほぼ間違いない。

しかし、なぜ元気な子供がたくさんいるのに移るのだろう。ノロウイルスやロタウイルスを調べてみると、基本は嘔吐からである。それを手で触って、手をしっかりと洗わずに食事をすると口から入って感染するのだ。

 

どうやら、前に胃腸炎にかかった子供の衣服に嘔吐物が残っていて、それが乾いて空気中を漂っていたのだと思われる。そのウイルスを触ってしまい食事をしたので娘は移ったのだろう。

 

 

夜に急に襲いかかる胃腸炎

 

娘が胃腸炎に感染して発症したのは、寝かしつけを始めてから1時間後くらいであった。たしか22:00くらいかな。

寝かしつけまでは、凄く元気でトランポリンで飛んだりしてたのに。予兆もなにもなかった。そして、嫁から来て〜〜〜と声がかかる。

寝室に行くと娘は嘔吐していた。それを僕は、洗面所で処理する。よく洗って、自分も手をよく洗って。そして、また15分後くらいに娘は嘔吐する。これを10回くらい繰り返したのを覚えている。

嘔吐すると15分〜30分は落ち着くのだが、その間に僕はリビングでポテチを食べていた。今覚えばなんてリスキーなことをしていたんだと思う。

 

 

ついに僕にも胃腸炎が発症

 

夜食で辛いポテチを食べたあとに、就寝。夜中に、おなかの違和感を感じて起きる。あーー腹がひりひりするー。きっと昨日辛いポテチを食べたからかなーー。と思いつつも眠りにつこうと頑張るが、段々痛くなるお腹。寝返りも何回も行い、ついにトイレに。

 

シャーーーーーーー

 

水のようなう◯ちが出てきた。いわゆる下痢だ。あーーこれは腹がやられてる。と思ったくらいで、まさか胃腸炎だとは思ってもいなかった。

 

そして、朝になりお腹は激痛に。いててててて。

嫁「それ、胃腸炎だと思うよ。あーあやられちゃったね。」

俺「ぐおおお。あかん。会社に連絡しなきゃ。」

 

会社に休みの連絡をし、丸一日腹痛との対決となった

 

何も食べられないのはもちろんだが、腹が痛くて動けないし寝るのもベストポジションがなかなか決まらなくてもがく。それでも、眠りに付いては、起きてもがいての繰り返しだった。

変なとこに力を入れているのか、腰も痛くなってきた。携帯には、何も知らない会社の同僚からの連絡が。

 

返信するのもいっぱいいっぱいだった。

 

同僚「この件を百貨店の担当者に伝えておいてください〜」

 

俺「◯◯さんに伝えてくださいって伝えて」

 

同僚「こういうことはちゃんと僕さんが言ったほうがいいですよ(怒)」

 

その後、返信をせず力尽き眠りについた。もういいや。と。誰か伝えてくれ〜と願いつつ

 

そして、夕方になり、少しは落ち着いた。朝から何もた食べていないのでちょっと何か口に入れたいと思ったので嫁にゼリーを持ってきてもらう。

ゼリーうまそ〜。パクッ。と食べて2秒後だった。

 

めっちゃ気持ち悪い!!吐きそうだ。これは吐く。なんか喉がんごんごいってる。胃が食べ物を拒否しているのが分かった。ごめんごめん!僕は謝りつつ、静かに布団に横になる。

実は僕は嘔吐恐怖症。中学3年生以来吐いてないのだ。お酒を飲んで気持ち悪くなっても深呼吸をして耐える。しかし、この時はほんとにあぶなかった。吐いたらすっきりするよという言葉を何回も聞いたことあるが、なぜか吐きたくないのだ。

 

まだ、食べ物を口に入れることはできなかったと同時に「これ、痩せれる!!!」と思った。

 

夜になると落ち着いてきた

 

朝から夜まで苦しみやっと、20:00頃に落ち着いてきた。嫁からは顔色も良くなったといわれ一安心。

でも、口になにか入れるのはまだ怖いので、結局次の日の夜まで何も食べす。

 

しかし、絶望を味わうなか会社から明日仕事に来てくれとの依頼。鬼か〜〜!と思いながらも自分の体調管理を怠ったのでしょうがない。自分が悪いのだ。

 

僕の場合体を壊すと、3日はパフォーマンスを発揮できなくなるので無理はせず体調管理に気をつけて生活するのが一番効率が良いのかもしれない。

 

もう二度と胃腸炎には、かからないぞーーーーー

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です