これさえ理解しておけば国語が苦手な人でもブログを続けることができる

Sponsored Link

ブログをやってみたい。でも、国語苦手だから記事なんて書けないだろうな~と思っていませんか。

結論 大丈夫

なぜなら僕も国語が苦手だったから。国語は苦手だけどこういう記録を残したり思い出を残したりすることが好きなので、国語(文章)の勉強もしながらブログをやっていこうと決めたのです。

 

 

なぜ苦手なのか

 

僕が国語が苦手な理由は、単語をあまり知らない、理解能力が低いと自分で認識しています。自分に関係のない言葉や単語は、見ないように生きてきたからだと思います。常識的な言葉でも、自分が興味を持ってなかったら覚えない。そんな性格なんでしょうね。

国語が得意な人はテストでも、答えなんて文章に書いてあるじゃん。

たぶん国語の苦手な人って文章を読んでもストーリーとして読めてないんだと思います。だから、文章問題が分からない。国語の得意な人って本読んでるし、苦手な人は読んでないと思います。

 

 

どんな記事が良い記事なの

 

実際、だれかのブログの記事を読んでいても、これくらい自分でも書けそうと思ってしまうのは大間違いです。

さあ書こうと思って、キーボードに指を載せたとき。何を書いて良いか、何から書いていいのかわからず指が止まったまま5分は進まないでしょう。

有名なブロガーさんの記事を見ているとうまくまとまってますよね。どんなことに気を遣ってるのでしょうか。

 

ブログの記事作成は映画の監督と一緒

いざ、ブログを書くときオチを決めないで書き始めると、何が言いたいのかわからない記事となってしまいます。

なので、構成をしっかりと決めること大事なのです。

例えば

タイトル タイタニック

①男女が出会う

②女は婚約者がいるけど不倫

③船が沈む

④さよならジャックドーソンあなたのおかげで素敵な人生を歩めたわ

タイタニックはこんな物語ですよね。④を伝える為に、①~③の設定があるわけです。

記事も一緒、最初に何を伝えたいかを先に決めてストーリーを考えると楽しく書ける。

 

僕が使ってるテンプレートがあります。

①共感させる

②何がだめなのか

③こうしたら良い

④うまくいったら、こんな未来が待っている

 

ざっくりいうと、これに当てはめて文章を作っています。まだまだレベルは低いですが。。。。

 

行の間隔、誤字脱字がないか

 

行の間隔ってすごく大事だと思います。例えば今から改行をしないで文章を作っていきたいと思います。改行がないだけで、文章にメリハリがなくぱっと見ただけで読みたくないような印象を与えます。書いてる僕でさえも、もうむずむずしてきています。これでは何かの反省文を書いてるみたい。もし、1000字ある文章がこんな感じで書かれていたら、パッと見ただけで見るのをやめませんか??もうやめましょう。僕も何を書いてるのかわからなくなってきました。

 

このように、行の間隔はとても大事です。

 

ブログは、本の様にさーーー読むぞーーーというモチベーションではないですよね。なんとなく見てみようという人が多数です。

なので、ぼーーっと見ていても理解できるような間隔が必要なわけです。

 

 

レベルアップに必要なこと

 
記事を書く時前に、考えること「文章の構成」でしたね。そして、記事を書き終えて公開したらスマホで自分の記事を読みます。すると、スムーズに読めない部分が出てきます。
リズムが合っていないと言ったほうがよいでしょうか、僕の場合改行が多いですね。もちろん誤字脱字もいまだに多いですが(泣)

きっちりとブログを仕上げるためには見直しを必ずしましょう。

 

 

記事は書けば書くほど楽しくなってくる

 

これも僕の経験で、記事を書けば書くほどアクセスも増えてきますし、1000文字の記事を20分ほどで書けてしまったり。そして、自分の文章の特徴が見えてきます。

自分はこんな言いまわしが多い。とか。すると、他人のブログとかヤフーニュースなどの記事の文章を見て勉強するようになります。今までそんな経験ありましたか??ヤフーニュースの記事を見て、この言い回しを僕も使うことにしようとか考えてる人いないですよね。

 

正直ブログは慣れるまでは、大変かもしれませんが一線を越えると楽しくなってきますよ。国語が苦手なあなたでも、やっていくうちにレベルアップしていきますのでご安心を!

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です