通勤電車で座れる確率を上げる方法

Sponsored Link

通勤電車で運良く座ることができたら、ハッピーな気分になりますよね。

自分の前に座ってた人が立ったときのあのなんともいえない喜びが良いですよね。

でも通勤電車は、辛いことの方が多いのが現実。

ホームで電車を待っていて電車が来たときに、「おっ、これは座れるかもしれない。座りたい座りたい座りたい。」と思っても、現実はおばちゃんダッシュに負けて結局立つハメに。

完全に無言の椅子取りゲーム。お互い譲らない感じがまた不快な気分になります。

なので、今回は、椅子取りゲームではなく

座ってる人で降りそうな人を分析して座れる確率をあげよう!!

という知りたいけど別に調べるまでにはいたない豆知識をお送りします。

 

降りそうな人見極める初級編

見た目で判断する

見た目で降りる人が分かります。

この駅には◯◯があるからこの人はこの格好しているんだと分析します。

では簡単な例を出してみましょう。

 

下の写真の人はどこで降りるかわかりますか??

 

99%渋谷で降ります。新橋で降りるとか思う人は少ないと思います。

 

なので、渋谷に向かってる電車に乗っていてこのような雰囲気の人が座っていたら前に立ってください。渋谷から99%の確率で座れます。

(関東圏の答えですみません。)(しかも人を見かけで判断してしまいすみません。)

 

降りそうな人見極める中級編

スマホの動きを観察

ゲームに夢中になっている人は、まだまだ降りないと思ってください。

逆にスマホを見ないけどちょいちょい画面の確認をしている人がいたらマークしましょう。時間を気にしていると思うので、降りる確率があります。マークしておきましょう。

服装を整えてる人

服装を整えてる人は、さ〜降りますよー。という素振り。

男性ならネクタイやYシャツを触っていたり、女性なら鏡を見ていたりしていたらチャンスです!

 

降りそうな人見極める上級編

足を見る

座ってる人の下半身を見て、膝より下が貴方側にきていたらまだ降りないという確率が高いです。(リラックスムード)

逆に膝よりも後ろだと降りる可能性があります。立つときは足を手前に引くことで容易に立てるので

無意識に降りる準備をしているという可能性が高いです。

 

大量に降りる駅で勝負

乗り換え駅が近かったら

僕の場合最寄り駅から2駅先にJRから私鉄に乗り換えることができる駅あります。

そういった駅では降りる人が多いので階段の位置を把握しておきましょう。

乗り換え目的で乗車している人は階段の近くに電車が止まる位置を把握しております。

なので、その位置にスタンバイし降りそうな人を見極めましょう。

 

荷物の置く場所や読み物にも注目

荷物を棚に上げてる人は、遠くまでいく確率が高い人です。たくさんの人が降りる駅で降りない可能性があります。

読み物に関しては、駅が近いと小説は読まない。その人とは距離を取りましょう。

 

ターゲットを絞る

通勤だと基本毎日同じ時間の電車ですよね。他の人も同じ時間の電車に乗っている可能性は高いです。

 

できるだけ降りる人の顔を覚えておきましょう。次回、ターゲットの前に立つことができれば、あなたは勝利です。

ただ、他の人にマークを付けられてたら諦めて、第二候補を狙っていきましょう。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。毎日何気なく乗っている電車もここまで分析して乗ると少し楽しくなると思います。

通勤電車で人の仕草など分析していて、この人は◯駅で降りそうだなと分析をしていると探偵気分みたいで。

 

この記事を見て通勤電車に座れる確率が上がりました〜〜というメッセージお待ちしております。

「良かったですね」とお返しいたしますので。

本日の記事は、座れる可能性がグンッと上がるだけで必ず座れるノウハウではありませんよ!

通勤電車に乗った時にこの記事を思い出してくれると幸いです。ありがとうございました!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です