親の死を後悔しない為に!生前にする行動と乗り越え方を伝授する

Sponsored Link

俺の母ちゃんは、2016年8年25日に亡くなった。62歳だった。

2010年から癌を患っていた。

最後は、マリオがクリボーに当たったみたいに急であっけなかった。

その時の思いを忘れない為に記事にした。

その記事もGoogleの検索で「母ちゃん 死んだ」で検索すると、自分の記事が一番上に表示される。

こちらの記事だ。

母ちゃんが死んだ。今までの人生で最も辛い1週間。

 

俺のへなちょこ文章で、検索ワード1位を取るということは

 

親の死について書いてる人が少ない=親が死んだ時の思いや乗り越え方の方法の記事が少ない

 

そりゃ、普通母ちゃんが死ぬことは考えたくない。

 

でも、後悔しない為にこれだけはしておこうという思いはしておいた方が良い。

 

あなたの母ちゃんが生きてるからこそ、今、読んでもらいたいのだ。

そして、両親のどちらかが亡くなって、検索から来ている人も多いと思うので、その方々にも読んで頂きたい。

 

母ちゃんが死んで5ヶ月目

2日に一回は泣く

8月に母ちゃんが死んでから脱力感は12月まで続いた。

4ヶ月たったのに、「なんで。なんで。」という思いは消えなかった。

 

★母ちゃんが亡くなった後の泣きポイント★

美味しいものをお店で食べると思い出して泣く

家族で外食したらいつもの場所が空いていて泣く

お会計をする人が父で泣く

車の席がひとつ空いてて泣く

街で似たような人を見かけて泣く

一緒に行った場所に行って泣く

実家の台所が静かで泣く

母ちゃんと仲良く歩いてる人を見て泣く

 

いや〜4ヶ月間は毎日こんな感じでしたよ。

そして

もう、自分の人生で母ちゃんと会話することは一回もできないという現実

 

会社が倒産しても、やり直せる。

恋人と別れてもやり直せる。

でも、人が死んだら、やり直せる可能性0%。

こういう現実攻撃を毎日食らってる感じだった。

 

後悔しない為に生きているうちにできること

幸せオーラを出す

親の幸せ=子供が感じてる幸せ

なので、まずは今幸せだよ〜というオーラを出すこと。

それは親が心配を持ちながら逝ってしまうのを防ぐことができる。

プレゼント

母ちゃんにプレゼントをあげることは少なかった。

今ではもっとプレゼントあげれば良かったと思っている。

母ちゃんはヤフオクでCOACHの財布を買っていたのがのちのち分かった。

それを見て、なんでプレゼントしなかったのだと後悔している。

財布の様に、毎日使うものをプレゼントするのが母ちゃんにとっては嬉しいのではないかと。

(でも還暦の時に包丁をあげたが一度も使っていなかった。きーーー)

 

旅行に連れていく

ま〜そのうちね。と皆さんは思ってるかもしれないけど。

いついつに連れていくというのを決めてしまった方が良い。

俺は一度も連れて行くことはできなかった。もう連れて行くことは不可能なのだ〜〜〜。

 

生きているうちにしたいことを聞いておく

さりげなく聞いてみよう。

生きてるうちに絶対したいことって何かある〜?

そして、それを必ず叶えてあげるのだ。

したいことをしたというよりもその子供の気持ちの方が何倍も嬉しいはずだから。

 

暗証番号系はメモしてもらっておく

これは、別の意味で後悔するので必ず暗証番号系はどこかに控えて貰おう。

俺の母ちゃんはガラケーだったので、暗証番号なくても携帯を見ることができた。

もし、それがIphoneだったらと思うとゾッとした。

でも、今は指紋認証があるので、死体の指にピピッとすれば読み込めるのかな。

その他、PCやキャッシュカード系があるので、生前に絶対控えておくようお願いすべきだ。

(ちなみにキャッシュカードは、亡くなったことが銀行にバレると凍結する)

 

 

気持ちを切り替えた

2017年から気持ちを切り替えて、新たな生活スタイルを築こうと思った。

母ちゃんが生きていた頃の生活スタイルを続けていくと、どうしても思い出して涙しそうになる時が来るからだ。

だから、毎朝6時にブログをアップする習慣に変え、朝型人間スタイルにしたのだ。

効果は出ており、新鮮な生活なので不思議と悲しくなったりすることがない。

母ちゃん亡くなっても立ち直れるコンサルタントになれそうだ。

 

最後に

2010年、母ちゃんが癌になってからは孫だけは絶対に見せようと誓った。

それだけ、やれば俺は後悔しない。

と心に何度も言い聞かせていた。

 

しかし、孫を見せることはできたが、後悔は必ず出てくる。

 

その後悔を少しでも減らす為に、生前にできることを一日だけ使って考えて見てください。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です