妊娠できない時に試してほしい3つのこと

Sponsored Link

結婚をして何年も立つのになかなか妊娠することができなくて悩んでいませんか?

日が立つにつれて色々なプレッシャーが降り注ぎ、自分なんか駄目なんだと思うことあると思います。

結婚する前僕は、その辛さを絶対に味合わいたくないと考え、結婚前からどうしたら子供ができるか徹底的に調べていました。

その結果、2回目で見事に妊娠することに成功しました。

今回は、妊娠しないと悩んでる人にぜひ試してみて欲しいことを3つ紹介したいと思います。

できない理由を考える

妊娠できない。というのは最近になって多くなったと母は言っておりました。

昔は、妊娠できなくて悩んでいる人はあまり聞かなかったと。

 

昔は妊娠しやすい環境で、今は違うということは何か原因があるはず。

 

調べあげた結果、こういうことが原因になるようだ。

ひとつの例として

食事がカップラーメン中心生活

 

まず、カップラーメンで健康な精子を作ることなんてできない。

そして、カップラーメンの発泡スチロールが熱で解けて体内に入るがことで良い精子を作れない

という記事を読んだことがある。

それから僕は食生活を見直した。

 

食生活の改善

食生活の改善をどういう意味で捉えるかが大事である。

体が健康体であれば、妊娠しやすいんでしょ?

と男性の方が言っていたら危険です。

 

その男性は妊娠について何も分かっていない。

 

食成活で健康体を作るのでなく、食生活で良い精子を作ることに集中したほうが良いのだ。

 

では、何を食べたらいいの?

 

僕が調べて出た答えは、鶏肉を中心とした料理。もちろん、野菜もバランスよく食べる。

 

鶏肉で良質なたんぱく質を摂取し健康的な精子を作った。

豚肉や牛肉だと脂が多すぎるので鶏肉を中心に食べると良いと思います。

 

女性のメンタルによる

 

「妊娠できない!!!」と言ってる人は神経質な人が多い傾向があると思います。

メンタルによって女性ホルモンが乱れやすくなるので

できないできないという妊娠への考えが妊娠の邪魔をしているのです。

 

友人から聞いた話ですが、3年間子供を授かることができない夫婦がいました。

夫は気を使って少しでも気晴らしになるようにグアム旅行に連れていってあげたそうです。

 

すると、その後妊娠発覚!グアムではきっとリラックスして仲良しできたのでしょう。

 

この話を聞いて女性の焦りは妊娠を遠ざけるんだと思いました。

 

自分がいざ子作りするぞと思った時に、奥さんには「1年以内にできたらラッキーだよね〜」と言うようにし、裏では必死にネットで妊娠する為にはを検索検索。

もし、この記事を読んでる方が男性なら、奥様にリラックス生活を過ごさせてあげることや心配かけないことを心がけてください。

 

精子は温めるな

精子は暑さに弱いみたいなので、僕は毎日下半身丸出しで寝ていました。(子作りが真夏だったから)

お風呂にはつからず、密着するボクサーパンツはやめ、風通しが良いトランクスを履きました。

精子にとって生きやすい環境。元気な環境を作ってあげることを旦那さま徹底的に考えましょう。

 

まとめ

食生活、女性のメンタル、精子を温めない

この3つが非常に大事なのだと、僕は思いました。ちゃんと結果も出ておりますので試してみる価値は十分にあると思います。

 

 

僕の友人のキャラメルさん(仮名)は、妊活歴1年で悩んでおります。

話を聞いてみると、特に対策をしていないとか。

そのうちできるだろうという気持ちでやっていると、だからできないのは?と感じました。

男性、女性どちらにも問題がなく、しっかりと対策をすれば3ヶ月で子供を授かることができると思います。

 

 

しかし、僕は運良く授かったのかもしれません。子供ができるって神秘的というか、ほんとに奇跡なんだなとも思います。

でも、対策をしているしていないのでは子作りに対するモチベーションも変わってくるので、この3つの対策をする以外にも、色々な方法を試していくと良いと思います。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です