仕事を失わないスキルはプログラミングである理由

Sponsored Link

こんにちは桶丸です。

2017年の年末のことも考える時期となりました。(現在2017年9月)

そしてそろそろ2018年の過ごし方も計画していかなければなりません。

ということで、ネット通販の撮り写真&WEBページ作成のスキルしかない僕は2017年のうちにスキルアップを目指そうと決意しました。

現状維持では、この先右肩下がりになる一方だと思うので、常にスキルアップは高めていく状況にもっていかないとこの先生きていけないと思ったからです。

 

スキルアップを目指す

 

WEBアプリケーション開発

 

今後も自宅でインターネットに関連をした仕事がしたいので、WEBアプリケーション を作れるようになるスキルを付けたいと思っております。

 

WEBアプリケーション?なんぞや

 

って方もいると思いますので、簡単にご説明をさせて頂きます。

 

このブログも一応WEBサイトですが、記事しか載せていないWEBサイトです。料理で例えると、目玉焼きみたいな感じですかね。

目玉焼きに、チーズを載せたり、パンに目玉焼きを載せたり、すると更に美味しくなりますよね。

WEBサイトも同じで、チャット機能を付けたり、決済機能を付けたり色々アレンジすることができます。しかし、これをできるようになるためにはプログラミング(色々な言語)を覚えなくてはなりません。

 

様々機能がついたWEBサイトが、WEBアプリケーションみたいな感じですね!

 

そして、今回勉強しようと思ってるのが、様々な機能をつけるためのプログラミング。これを覚えて使えるようになればWEBアプリケーションを作ることができるわけです。

 

でも、実はこのスキルをつける理由には他にも何個かあるのです。メリットが多いから勉強するのです。

ではどんなメリットがあるのでしょう。

 

 

 

プログラミングスキルをつけるメリット

 

2020年から小学校でプログラミング教育が必修化へ

まだ決定したわけではないですが、どうやら小学校でプログラミングが必修科目になるということ。

これを知った時に一応親である自分は、勉強しておかないとあかんなと思いました。

あと、これから先の仕事に必須なスキルであるから必修科目になるということは、仕事として需要があるということではないだろうか。

 

プログラミングを勉強することによって得られるメリットは以下の事が考えられる。

 

「子供に教えることができる」

「プログラミング塾、もしくは教科書を作って売ることができる」

「自分の稼ぎ頭となる。(社会で生きる為に生きるスキル)」

 

20年後、9割の仕事がなくなると言われてる中、こうした対策を今できない人は人生のダウントレンドにハマるであろうと思われる。

 

最後に

年末まで勉強の時間を取る必要がある。夜の時間も使わなくてはならないので平日は禁酒をします。

お酒を飲んだあとの時間は、価値が低い。なんの価値があるのかと聞かれたらストレス解消程度でしょうか。なので、禁酒します(平日!!!)

 

スキルアップの勉強をすることによって12月から仕事の幅が広がって、様々な価値の提供ができるイメージが沸いてきました〜〜。

 

今回お世話になる、テックアカデミー

勉強の復讐の為、学んだことをブログの記事にもしていきたいと思ってます。時間あるかな〜〜〜〜〜

 

それでは!

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です