ダイエット環境をしっかりと作ることが大事

Sponsored Link

どうもです。

2017年はダイエットに成功しました。

3ヶ月ほどで75kgから68kgまで痩せることができました。それから、これならいつでも痩せることができるじゃんと調子に乗り、リバウンドしました。

リバウンドしたのはしっかりと理由があります。環境が変わってしまったからです。

環境が変わるまでは、しっかりとダイエットが習慣化されており、順調に体重が減っていきました。

 

環境が変わるとリバウンドする

ダイエットに最高の環境

それまで積み重ねて来た消費カロリーと基礎体力向上が環境が変わったことにより無くなりました。

ダイエットが成功していた時の環境は以下です。

・通勤10kmを自転車で通勤

・8時間ほど立ち仕事(1時間座る)

・徹底した食事管理(炭水化物は朝だけ)

上記の約束事を守る。そして、目標として2週間で1kg痩せるという目標を友達と立てました。

2週間で3kgほど痩せました。最初は一気に体重は減るというのは知っていたので停滞期の時にどれだけ踏ん張れるかが勝負だと思っていました。

 

ダイエットの環境に10kmの通勤は大変助かりました。アップダウンもなく、ちょうど良い距離で気持ちよくダイエットに励むことができました。

ダイエットに厳しい環境

個人事業主となってからは厳しい環境となりました。通勤が徒歩1分ほど。あとはほとんど座りっぱなしという環境になってしまいました。

朝ご飯食べて、徒歩1分で仕事場に行きお昼は家で嫁と娘とご飯を食べる。

世間から見るととても羨ましい環境だと思うが、極端に太ることを嫌う自分としてはちょっと嫌な環境なのだ。

消費カロリーがないのでお腹が空かない。お腹が空かないということは料理が美味しく食べれず食べても太るために食べてるようなもの。この環境は、非常に危険だと思って思い切って環境を変えようと思いました。

通勤場所を変える

家から25kmほどのところに親が持っているマンションがある。そこに自転車通勤をしてそこで仕事をしようと思いました。

真冬ということもあり服装が難しい。最初の方に300mほどの下り坂があるので体が温まっていない状態で下り坂に入ると凍えて死ぬほど。

なので厚着をして漕いでいると汗がビショビショ。そのビショビショの汗が冷えて、また下り坂に入ると寒さ地獄。

その環境に耐えれず、体を壊してしまう。25kmのアップダウンがある道を真冬に行く環境に体がついていけなかった。

親が持っているマンションでの仕事は冬の間は諦めた。

ジムしかない

結局、体調面や事故などを考えてみるとジムに通うのが一番効率が良いのではないかと思った。

月会費のみがネックだが、もうそれはしょうがない。

 

なぜそんなに体を鍛えたいのかというとちゃんとした理由がある。

昨年12月に友達からソサイチ(サッカー)のチームに入って欲しいと頼まれた。練習には全く参加できないけど、月1参加で良いならと答えた。

 

でも、勝って勝って1部リーグに昇格というモチベーションはないから、

「チームで一番走れるようになってチームに貢献するという目標でやらせてくれ」と偉そうなお願いをした。

体を鍛えて何かをするという目標が出たので、ダイエットのモチベーションアップにも繋がった。

 

ジムを最大限に利用する

実家を仕事場にしていて、ずっといると頭がおかしくなるので、駅付近のスタバとかで仕事をする時もある。

スタバ一回で500円くらい取られるので、もったいない。勉強や仕事をする場所代は取られるのだ。

ということで、月会費を払ってるジムで仕事ができないかと考えたのだ。

一応、インターネットができるPCが置いてあったり、テーブルと椅子が置いてあるスペースもあるのでそこでちゃっかり仕事をするのもありだよなと考えた。

しっかりと月会費は払っているので、極端に人の邪魔にならなければ良いはずだ。

 

ジムを利用した1日の理想スケジュールはこれだ。

8:00 たんぱく質、炭水化物中心の朝ご飯(ほぼメインディッシュ)

9:00〜12:00 実家で仕事(昼ご飯は食べない)

12:30〜14:00 ジムでプール

14:00から16:00 ジムで仕事

16:00から18:00 実家で仕事

18:30 夜ご飯(炭水化物抜きの食事)

21:00〜23:00 無酸素運動と有酸素運動

23:30〜  酎ハイとおつまみ(タンパク質)+寝る前にヨーグルト

0:30 就寝

 

上記のことが習慣化すれば、すごく効率よく1日が回るのだ。まさに自分の理想。

さっそく昼にプール&夜にジムを試してみた。

 

き、きつい。。さすがに夜の筋トレに力が入らない。しかしこれを乗り越えたら、すごく良い体になるはずだ。と

妥協をせずに頑張った。

 

その結果。。

 

体を壊した。

 

無理をしない=妥協 だと教育されてきた自分は、無理をするのだ。限界を超えないと成長できないから。

でも、体育会時代と今では体の作りが違う為、気持ちに体がついてこれない。

 

どうしたら良いかわからなくなってしまった。

 

1日の運動量を減らさなければならない。体がついてこれないから。

 

そのことが自分にとってどれだけ辛いことかというと、ディズニーランドに15時から入場という感じだ。

 

つまり、最大限に楽しめてないこと。ディズニーは開演時間と同時に入って1日楽しみたいじゃないですか。高いお金払ってるし。

そういう貧乏くさい考えがあるので、まずはそこの思考を変えることからかな。

 

ジムのプログラムは利用すべき

今まで使うことなかったジムのプログラムに参加することが多くなりました。

ジム内には、ホットスタジオというのがあり、気温38度、湿度65を保ったスタジオです。もう立ってるだけで汗がダラダラです。

そんな場所でボクササイズ。音楽に合わせてパンチキック。これが凄く気持ちが良い。自然に身を任せるってこんなに楽なんだと。

今までは自分でマシーンを選んで自分で回数を決めてとやっていた。自営業と同じで自分で判断して、利益を掴みとっていくスタイル。

でも、このプログラムは与えられたことをこなす。プロが考えたプログラムだから間違いないという安心感と、音楽に合わせなければならないという自分で自分を操作できない感じ。会社で仕事を振られて働いている感覚。

しばらく、基礎体力がつくまではマックスの70パーセントの運動量で体を慣らしていこうと思う。

 

最後に

自分に合った環境探しはとても大事だとわかった。人は環境によって人生が変わると行っても過言ではないと思う。子供がヤンキーと仲良くなる環境にいたらヤンキーになるみたいに。

まずは、もっとも良い環境探すこと。だめだと思ったら環境を変えること。それは納得するまで考える。

自分に当てはまる環境になったら、次は習慣化と目標。

ということで、自分ももう少しだけ環境作りを頑張ります。

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です