サラリーマンと個人事業主の違い

Sponsored Link

 

どうもです。

2018年5月の中旬に書いてます。上の娘も4月から幼稚園に通い、疲れながらも楽しく幼稚園に行ってるようで、安心しました。

今日はタイトルにもあるようにサラリーマンと個人事業主の違いについて、語ろうと思います。

ここ1年個人になってから、ここがサラリーマンと違うとこだな〜っと思ったことがひとつあります。それだけ語ろうと思います。

 

サラリーマンと個人事業主の違うところは?と聞かれて大抵はこう答えると思います。

 

・守られてる守られてない

サラリーマンは社会保険料は会社が半分出してくれるし、毎月一定の給料をもらえますよね。これはメンタル的にはかなりありがたいことです。

 

今回自分が思った違いと言うのは、

 

「サラリーマンは仕事の資産を作れない」

 

「個人は、仕事の資産を作れる」

 

この違いがあると思いました。

 

例えば、収益の出るブログ記事を書いたとします。

 

会社ではその記事は、会社の資産となります。つまり、会社を辞めたらその資産は書いた人に恩恵を与えない。会社の資産になっているからです。

個人の場合は、その立派な記事(1日10円稼いでくれる記事)を書いた場合、ずっとその人の資産となります。働かない日も10円がチャリンと入ってくるイメージです。

なので、頭の良い個人の方は、その稼いでくれる記事をたくさん量産し1日1万円の広告収入を目指します。そこを達成すると、月30万円が寝てても入ってきます。

 

そこまでいけば、月10万円は外注に使い、記事を書いてもらいます。その外注の記事によって、月2万の収入が上がるとしたら、翌月の収入は32万円、翌翌月は34万円、翌翌翌日は36万円と収入が上がっていきます。かしこい人はこれをやってます。

 

サラリーマンの場合どうでしょう。立派な記事を書いても会社のモノなので、自分の記事が毎月10万円を産む資産だとしても、会社を辞めたらその人には何も残りません。

つまり、サラリーマンは走り続けなきゃいけないってことです。

休んだら、収入は止まるんです。

 

サラリーマンは会社の資産を作り、個人事業主は、自分の資産を作る仕事をしている。

 

どっちの環境の方がリスクあるだろうか。。。。

 

これが大きな違いなのかなと最近思いました。

 

おしまい

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です