自己啓発の本を読んだのだが、うまくまとまらない。

Sponsored Link

今日は本を読んだのだが、その話をしていこうと思う。

自己啓発系の本をよく読むのだが書いてある内容は、大体一緒だ。
メンタル面と考え方。人間の心理みたいなもんか。

僕は本を読む時、自分のメンタルがグラグラの時に読んで
しっかりと心の土台を固める為に読む。

僕の暮らしは普通のサラリーマンみたいに、決まった時間に出社して仕事が終わったら
帰ってご飯を食べるという生活ではない。9割のメンズはそうだと思うが自分は違うのだ。

人と違うことをするって楽しいと怖いが半分半分。

なぜ、怖いのか考えてみると、結局は家族を背負って生きていけるかいけないか。

わが子が死ぬまで、安心して生きていける人格と財産を作っていけるか。

日本オリンピックが終わったら、日本は財政危機になる。どうする?
国の借金は1000兆超え、老後に年金は払われないだろう。どうやって暮らしてく?
ベーシックインカム制度がもし始まるとしたら、どんな日本になる?
南海トラフ、首都直下地震が来て、今の地域に住めなくなったらどうする?
海外に住まざるを得なかったらどうする?

人は予期せぬことが起きるとテンパる。なら準備しておけば良い。

そんなことを毎日考えている。

 

・・・

 

話はずれずれ。。。。本の話だった!
今日の本は客観的に自分を見よう的な本。
その中で「人との会話の心理」と「ゴール(目標)を決める」を
取り上げてみよう。

人との会話の心理

人は何かのせいにする生き物である。
自分のどこが悪かったのかを考えられるのは少数。

今日は人と話してて嫌味みたいなことを言われた。
あの人はほんと自分勝手、よくあんなこと言えるよね。

という経験はないだろうか。言われたらむかつく時ありますよね~。
でもそれは相手を理解してないから、むかつく気持ちになる。考え方によっては
かわいそうって思えることもあるのだ。大事なペットが死んだのかもしれない。便秘だったのかもしれない。
子供と喧嘩をしたのかもしれない。心が乱れてるのかもしれない。
何か嫌なことがあったのかもしれない。

その一瞬で相手を評価してしまう。もっと、本質を知れば対処法が見つかったり
自分もイライラしないはずだ。視野が狭すぎる判断をしてないか
自分で一回考えてみる。環境のせいにしない。その環境の中で最高の
結果にする行動力を磨こう。
2、嫌な会話をいなす。争わない。
もし会話をしていて、あなたが住んでる世界よりも僕は上を目指しているみたいな
話をしてきたとしよう。ちょっとむかっとしますよね。
自分の目標や今で十分幸せという相手より上だよってのを言いたくなる。
そこで言ってしまうと、相手との闘いになってしまい、良い関係は
築けなくなる。その時間は無駄な時間となる。
相手がそのような言葉をかけてきたら、深く悩んでるんだと考えてあげよう。
人に突っかかる言葉を投げるということは上手くいってない証拠だ。

僕の能力的に今が精いっぱいだな~すごいな~あなたは~。
と言うことで、相手も冷静になり本題を切り出す。

むかっとしたら、一度深く呼吸をして視野を広く言葉の本質を考えるのが
大事だ。

 

ゴール(目標)を決める

自分がぶれない生き方をするためにゴールを決める。
今の人生の途中の状況を映画風に見てみる。自分は面白い主人公か?
努力している主人公か?天才肌か?バカか?何も考えてないか?
映画の最後はどんなシーンが想像できる?

つまならそうな映画だと思ったらやばいと思った方が良い。
目標(ゴール)を立てることが大事。

自分のゴールは最終的に自分にとって利益である。道の途中では
もしかしたら損することもあるかもしれない。でもゴールを目指すには
必要な損だと信じることだ。もし、道に迷ったら、原点に戻って
なぜそのゴールを目指しているのか自問自答する。

何かを作るときは、完成図が想像できているはず。家作りだってそうだ。
こういう家が作りたい、理想の絵を描き、設計図を描き、その通りに
作っていく。

自分が変わるにもそういった理想の自分の絵を描くことから始めたほうが良い。
というか、そうしないと理想の自分になんてなれっこないのだ。
家の絵や設計図を描かずになんとなく頑張って作ることが良いと思うか?
それをやってないか自分に当てはめてみよう。

 

最後に

今日のブログの内容は、薄く流れも悪く、何が言いたいのかよくわからない内容になってしまった。
なぜこんな内容になったかというと、読んだ本の理解を深める為にアウトプットでブログを利用しようと
思ったのだ。しかし、本を読んでその感想をブログで書くということをしたことがなかったので
よくわからない内容となってしまった。何年後かに見たら恥ずかしい投稿となりそうだが良い記念だから
残しておこうと思う。

アウトプットをする目的で勉強や本を読むとただ単にインプットだけするよりも、考えて勉強したり
本を読んだりすることが分かった。先日、お世話になってる人に〇〇を理解して俺に説明してくださいと言われた
ので気が付いたのだ。
〇〇を説明できるようになるために、完全に理解をしなければならない。今まで本を読んでたのは雰囲気だけ
しか感じれてなかった。ちゃんと本の内容の本質を理解しないと本当のインプットとはならないのだ。

しかし、本の内容のアウトプットは難しい、内容が多すぎて。「イカの生態について」くらいならできそうだが(笑)

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です