無駄なことを削り、無駄なことは考えない精神

Sponsored Link

どうも、おけ丸です。

最近は、仕事とジムと家の行き来しかしてません。友達とも遊ぶ機会が減りました。

1年前とだいぶ性格が変わった気がします。

それは2月から、福井にいる社長と連絡を取り出してから。

人って生きるために不必要なことばっかにやってるよね?と。。

筋肉トレーニングをする動物って人間しかいないし。服を選んで着る動物もいない。

 

こういう発想になったことがなかった。それからはというものの自分の周りに対して見る目が変わってきた。

Jリーグの選手を見ていて、30歳でサッカー辞めたらどうするんだろう。どうやって生きていくんだろう。とか。

高校生のサッカー少年を見て、このサッカーのスキルはこの子たちにとって将来どう生かされるのかな~。

とか。。よく、大人がいう、「将来サッカー選手になれる人なんて一握りなんだからやめなさい!」って意味もよーく分かる。

今やっている仕事は、安く買って、高く売る。高く売って、安く買い戻す作業。

実にシンプル。シンプルだけどめちゃ難しい。

商売と一緒だけど、判断が求められる。

どんなリスクがあるか洗い出す。どんな優位性か洗い出す。

そんな作業をしていると、日常もそんな風に考えることが多くなった。

例えば、台風20号。

どんなリスクがあるかを考えだす。土砂崩れ、洪水、窓割れ。など。

一つ一つのリスクについて考える。土砂崩れはない。洪水は、ない。

窓割れはありうる。どうなった時?物が飛んできた時。ならば、物が飛んできたくることを想定して防御をする。

でも割れる可能性はある。割れた場合の対処法は?業者はきっとパンクしてるだろう。まずはブルーシートで。

 

こんなことを考えていた。その二日後に親戚の子供の運動会だったが、山の中の公園で開催される。そこで考えたことが土砂崩れのリスク。シートを引くなら、土砂崩れが起きても大丈夫そうなところに。。みたいな。

そんな考えを持ちだしてからは小さいことはあまり気にしなくなった。ドライな性格になっていった。

台風、20号が過ぎてからテレビを見ていて、被災者の声を聞いてみると、「まさかこんな状態になるとは思わなかった」「被災なんて他人事だと思っていた」と言っている。想定外を想定内にしておかないから、困ったりテンパったりするのだ。

常に想定外を想定内にする考え。大事だと思われる。

地球では温暖化が進み、台風20号のようなありえない台風が普通となってくるといわれている。もっと強い台風が来て首都圏が機能しなくなった時はどうする??

その時のために、自分はPC一台で世界のどこででもできる仕事を選んだのだ。。正社員の仕事と世界のどこでもできる仕事。どちらがリスクあるか。大きく見たら前者だと思ったのだ。

人生コンセプト「安全第一、子供を守るために」を広げて考えていこう。

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です