YOUTUBEを始めようと思ったきっかけ

Sponsored Link

36歳二児の父親である私がなぜ2020年8月にYOUTUBEを始めようと思ったのか。

逆になぜ今までやらなかったのか。を考えてみた。

今までやらなかった理由

ネタを考えるのが大変そう

たくさんの動画をアップするのに毎日ネタを考えなくてはならない。すごくストレスになりそうだと感じたためやる気になれなかった。お金の労力だけが取られていきそうでやる気が起きなかった。

抵抗感がある

ネットに顔を出して何かをやるのに抵抗感がある。もちろん恥ずかしいと思ってしまうし、嫌なコメントがきたら凹むだろうし。家族や親や兄弟にも見られるのに抵抗感があったためやる気が起きなかった。顔を出さないで投稿となると、ネタがほんと限られてくるし中途半端になるためお金と労力だけが取られていきそうでやる気が起きなかった。

やるきっかけになったのはキャンプ

友人とどんな趣味を持ったら良いかなと考えていた。そこで、キャンプを趣味にすれば良いという話になった。キャンプには色々な面でメリットがあるのだ。

「災害時の知識や外での生活」

キャンプの知識や道具があれば、大地震が起きてもテントや調理道具を車に積んでおけばすぐに逃げることができある程度快適に眠ることができ、食事も苦にならないものが作れる。災害時にキャンプ用品は大活躍するのだ。

「年がら年中遊べる」

素潜りやスキーを趣味にしてしまうと季節的にできない時期がくる。でもキャンプは夏でも冬でもキャンプができるのだ。そして焚き火でちょっとしたコーヒーを友達と飲みたいとなれば、子供の寝かしつけが終わったあとに集合して、焚き火を楽しむこともできる。時間にも制限がなく24時間楽しむことができる趣味なのだ。

「家族で楽しめる」

お父さんの趣味がサッカーやゴルフだと、家族で楽しむことができない。どうしても単独行動になり、家族団欒の時間を効率よく持つことができない。しかし、キャンプであれば、日帰りBBQや子供が好きなテント、川、海で遊ぶことができみんな楽しめるのだ。

「美味しい料理が作れて覚えられる」

炭火で焼くと肉が美味しい!メスティンでご飯を炊くと美味しい!家では感じることができない料理の美味しさがキャンプ料理では味わえるのだ。食に感謝し、自然に感謝し、太陽を浴びながら食すご飯は体にも良いだろう。

「動画にしたくなる」

楽しかったキャンプの思い出を心にしまっておくのではなくて、動画にして思い出を残したい。つまり動画にしてYOUTUBEにアップすれば、思い出も残るし収益も狙える。そして、毎日投稿するネタがないと思ってたネタもキャンプではある。メスティン料理だ。メスティン料理は台所を使わずに暖かい料理が作れるすぐれもの。そしてレパートリーはたくさんある。毎日投稿するならこれしかないと思った。

楽しく動画投稿ができるが

キャンプネタをやれば楽しく動画投稿ができると思う。しかし、やはり立ちはだかるのは、周りの目。恥ずかしい。

でも、待てよ。もともと俺は恥ずかしがり屋だっけか??そんなことないよな。俺ならやりそうって思ってる人もたくさんいそうだ。なので普通の人よりも踏み込みやすいのだ。しかも、この恥ずかしがり屋ではない俺でさえ躊躇するということは、YOUTUBEをやってる人間ってほんの一握りなのではないか??とも思ってしまった。

日本人は恥ずかしがり屋。なので、海外に比べてYOUTUBEで顔を出してやる人は少ないと思う。そのに勝機があるのだ。楽に楽しそうな仕事ならみんな流れてくる。そういった仕事は儲からないのだ。ちょっと抵抗感がある仕事をするからこそ儲かるのだ。

他の人よりお金と時間の優位性があると確信しているのでYOUTUBEビジネスでも優位性があると思い、今回YOUTUBEをやると決意した次第。

そして、挫折しそうな時は必ずやってくる。動画20本投稿したのに全然収益にならないのもわかってる。日本人は仕事をした時間=賃金が発生

という概念があるのですぐやめる人が多いのだ。逆に経営者の思考は、お金にならないが今の行動を続けていけば花が咲くことを知っているから続けられるのだ。成功するまでやり続ける人が成功するのだ。よしがんばろ〜〜〜。というわけで、できればチャンネル登録お願いします〜( ´ ▽ ` )

 

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です