YOUTUBEの成果が出ない

Sponsored Link

今まで26動画を上げてきたがなかなかチャンネル登録者数も伸びない。メスティン料理に需要がないわけか、対して差別化もできていない動画だからだろうか。YOUTUBE内に溢れた動画の中に完全に埋もれいる自分の動画。

修正とチャレンジのいったり来たりだ。でも、26動画上げてきた中で気が付いたこともある。

それは、再生数が多い動画と少ない動画。

比較的に再生数が多い動画はお店の名前が入ってるものが多い。あとは、マイナーな食べ物だけど好きな人が多いカオマンガイの動画。

やはり、YOUTUBEの検索や関連動画に表示されるのが大前提なのかもしれない。最低でも需要のある動画、人のためになる動画を撮らなければ価値がつかなそうだ。

そこで考えたのが、問題解決動画を漫才形式でわかりやすく解決する動画

これには三つの要素が混ざっている。

問題解決動画と漫才形式とわかりやすく。この三つを合わせることで差別化が生まれるのだ。どれか一つに絞ってやるとまた埋まる。もっと個性的なもので人の役立つ情報、笑いも取れわかりやすい。そんな動画が作れたら最高じゃないか??人の役にたち、笑わせることができる。しかもSEOにも良いだろう。

コンセプトはしっかりと考えなくてはいけない。動画の構成は。「視聴者との共感(困ったこと)」「それを解決する方法。」「まとめ」この三つに大体わかれる。

1、「視聴者との共感(困ったこと)」をアピールし共感をえてその解決方法にドキドキしてもらう」

2、「それを解決する方法。」を提示することにより、修正後の暮らしをイメージさせる。

3、「まとめ」

視聴者は自分の動画を見ることによって、勉強になるのと笑いも得られて一石二鳥。そしてわかりやすい。これをコンセプトにして発信してまたデータを見ていこう〜〜

そして、編集をもっと楽にするために、他のYOUTUBERさんが使ってるモニターを使ってのプレゼンが良いかと思った。

画像を使って説明となると、編集の時にタイミングが合わなかったり、タイミングを合わせるために編集で時間が取られそうな気がするからだ。

確かに俺の場合、トークが下手なので補助画面があることである程度ごまかせることができるし、視聴者もイメージしやすいと思う。編集も楽になるしこれを使わない手はないかもしれない

編集に力を入れるよりも、動画内容の中身、視聴者さんが楽しく見れるような工夫をすれば良いのだ。

編集に力を入れなくてはいけないってのはある意味、内容がつまらないから効果音や演出でごまかしてるだけというのも一点ある。

ノー編集で最後まで見てしまう動画だってたくさんあるじゃないか。

なので、今までの力の入れる部分を変えていこう

【今まで】

企画作り8、撮影8、編集8、お金200〜300(メスティン食事代)(移動の場合はガソリン代400円プラス移動時間往復2時間)

【これから】

企画作り15、撮影3、編集3、お金0(初期投資としてGOODNOTE5980円、ケーブル2000円)

企画を重視することによって、視聴者さんの役に立てる動画を考えるのに集中ができるのと、話す内容をまとめることで撮影と編集をスムーズに行うことができるのでメリットが大きい。

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です