地鎮祭で必要なお供え物や開始時間とか何もわからない人が見る記事

Sponsored Link

地鎮祭??

 

なんだそりゃ?って人もいるだろう。その中の一人がこの私だ。

 

地鎮祭とは、土木工事を行う際や建物を建てる際に、工事の無事や安全と建物や家の繁栄を祈る儀式のこと。

 

 

そして地鎮祭はふたつの意味があるらしい

 

①その土地に住む神様を祝い鎮め、土地を利用させてもらう許可を得ること。

②これからの工事の安全と家の繁栄を祈願すること。

 

ふむふむ。これをやるわけだな。

 

絶対にやらなくてはならない儀式なのか

そんなことないみたい。地域の風習や時代と共に、特に都心部では地鎮祭を行わない傾向になりつつあるらしい。費用面の事を考えて簡単に済ませる人もいるみたいだ。

神様を信じない人は簡単に済ませちゃう方が良いかもしれないけど、ちゃんと旦那や奥さんや両親に了解を得てから判断すべきですね。

 

地鎮祭をやる前に不安だったこと

天気(これは運ですね)

初穂料を渡すタイミング

儀式はどんなことやるんだろう

これから地鎮祭を迎える方は、下記の私の体験を見てイメージして当日望んでください。(そんなに気をはるものでもないけど(笑))

 

地鎮祭当日の流れ

現場に到着すると神主さんが準備をしていた。土地の前には軽が止まっている。(車で来るとは聞いてたが赤いオープンカーとかではなくて良かった)

 

 

 

12月17日 大安 10:30 地鎮祭開始

一番前に、住む予定の家族が立つ。(左に奥様、右に旦那様)後ろの左に設計士さん、右に工務店さん。

12421675_931125566969022_394941135_n

 

 

そして、神主さんから指示が出る。

 

①設計士さんは、この鎌で1、2,3の3で植木を切るふりをして植木を持ち上げてください。地鎮の儀(じちんのぎ)・・・刈初めの儀(設計者が鎌で忌み砂の草を刈る)

 

②世帯主さんは、このクワで、1,2,3の3で大きめの穴を掘ってください。

穿初めの儀(施主が鍬で砂を起こす)、土均し(施工者が鋤で砂を均す)

 

③工務店さんは、この鋤(スキ)で、1,2,3と土をすくう動作をしてください。鎮物埋納の儀(鎮め物を納める)

 

12431712_931125466969032_1959449516_n

 

 

その後

 

家族で土地の四隅に米と酒をまく

〜清祓い(きよはらい)・・・四方祓い、切麻散米(きりぬささんまい)とも。
四隅と中央に切麻をまき土地を清めます。〜

 

皆で輪になって酒を一口飲む

神酒拝戴(しんしゅはいたい)=直会・・・神様にお供えした神酒等の御下がりを食します。

 

 

無事に地鎮祭が終わりました。最後に皆で記念撮影パシャ★

 

12399526_1066597813392145_1703305563_n

 

まとめ

実際調べてから行ったほうが、気は楽だと思った。一生に一回にしかやらない儀式なので、「流れに任せてやるか」「ちゃんと調べて100%良い儀式にするか」を選ぶのはあなた次第。

 

 

一生に一度だし、大きなお金を払って家を建てるので家のことはもっと真剣に、嫁さんと喧嘩するくらい本気にやっていこう。後悔先に立たずですから。

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です