子供を寝かしつける方法はいつ効果がなくなるのか検証してみた

Sponsored Link

Waterlogue 1.2.1 (66) Preset Style = ??? Format = 6" (Medium) Format Margin = Small Format Border = Sm. Rounded Drawing = #2 Pencil Drawing Weight = Medium Drawing Detail = Medium Paint = Natural Paint Lightness = Auto Paint Intensity = More Water = Tap Water Water Edges = Medium Water Bleed = Average Brush = Natural Detail Brush Focus = Everything Brush Spacing = Narrow Paper = Watercolor Paper Texture = Medium Paper Shading = Light Options Faces = Enhance Faces

2016年2/1追記 寝かしつけ失敗中。。

 

 

 

寝かしつけが不可能と言われた俺がまさかの一回で寝かしつけに成功した。

その時の記事→不可能と言われた寝かしつけに成功した!!

 

しかも、その方法で今もだいたい15分くらいで寝かしつけている。

 

寝かしつけなんて簡単じゃん!とも思ってしまっている。

 

こんな問題が解消されます。

1,いつからパパに寝かしつけしてもらおうかな。

2、夜はパパが抱っこすると大泣き

3、3時間以上寝ない。

 

とりあえず、おけパパがやっている寝かしつけを伝授しよう。きっと、これを読んでるパパもやっと良い寝かしつけの方法を見つけたと思えてくれたらこのブログをやってる甲斐がある。

 

それではスタート!

 

 

①寝る部屋でYOUTUBEを見せる

寝る前にYOUTUBEを見せるのはよくないと思ってる人もいると思いますが、見せるのは一回(20分程度)
だけ。見せる動画はこの前も紹介したこちら

この動画の内容は、ゆったりとしたオルゴール基調の音楽に鳥や花や魚がどんどん眠っていく動画です。

 

では、パパさんの動きを想定しましょう。

 

20:30

パパ「さ〜そろそろ寝かしつけるか。」

 

ママ「ねーほんとに大丈夫?」

 

パパ「大丈夫だって!良いブログ見つけてこれなら俺も寝かしつけできそうなんだ。」

 

ママ「ほんとかね〜〜〜」

 

パパ「さ〜娘〜〜。ねんねの時間だよ〜。」

 

娘「ぎゃーーーいやーーー」

 

そのまま抱っこしながら、寝室(暗い)でyoutubeを見せる。この時にほぼ泣き止むはず。

動画を見せながら、子供を布団に寝かせ、掛け布団をかける。掛け布団は必ずかける。暖かくなり眠気を誘う為。

 

ここで下記の条件が揃えばスタート地点に立てたということだ・

部屋は暗い

子供が寝る体勢

子供が泣いてない

 

この3つの条件をここで必ず揃える。

 

2 動画を頭に植え付ける

言い方が悪いかもしれませんが、暗い部屋でこの動画を見せると寝るモードの動画(二日目からは音楽のみ)と認識する。

ここで20分くらいは見せてあげましょう。不思議とじーーーっと見て、ポッポとかお花とか言い出します。

パパは、ポッポねんねしてるね〜とかおはなもねんねだね〜と声をかけてあげましょう。

 

20分程したら動画を見せないようにして、音楽だけ流れる状態にしましょう(スマホを画面を下向きに置いて光を閉ざす)

ここで動画を離すと泣きます。もっと見たいと泣きます。そこでパパはこう言います。

 

「しーー。ポッポやお花さんが起きちゃうよ。みんなねんねーしたんだよ」

 

と大声出したらまずいよ。というニュアンスをうまく伝えましょう。泣き続けていても、頭の中は動画の内容がぐるぐる回ってるので、優しい声で「みんなねんねしてたね〜」などと動画の内容を伝えましょう。

 

3 ひたすら声をかける

子供は寝る体勢、親は添い寝できたら添い寝をしてください。ベビーベッドの人は・・添い寝ちっくに。

部屋は暗い、子供は寝る体勢、音楽が鳴っている、子供は泣き止んでるという状態。

子供の脳は動画の内容なので、思い出させてあげましょう。

「ぽっぽねんねしてたね〜。おはなさんもいたね〜。」

 

音楽もだんだん小さく。

 

声もどんどん小さく。

 

子供の口数が減ってきたら、まばたきが増え目を閉じるので閉じたら3分動かない。

 

そして、寝室から出たら優越感にひたる。

 

「うおおおおおお。俺が寝かしつけた〜〜〜〜!!」

 

なんとも言えない達成感を味わうので、ぜひ頑張ってみてください!

 

 

以下から本日の寝かしつけ記録となります。

娘(1歳半)※2016年1月

おっぱいはまだ飲んでいる。

 

1/31(日)

お母さんが疲れていたので、お父さんが寝かしつけを頑張ることに。

寝室に連れていき、布団に寝かせる。もちろん、さっちゃんは大泣きだ。ここで新しい作戦の「Newオルゴールミュージック」を鳴らす。5分ほど泣いたあとに落ち着いてきたのか、オルゴールを聴きながら眠りにつきそうになる。ここで俺は勝利を確信した。また、寝かしつけができるようになった!きっとこれを読んでる世の父親もガッツポーズするに違いない!ウキウキなテンションで起き上がると、すぐさま目を覚ました。お、おかしい3分は待ったのに。そう、この前もあったが凄く敏感になってるような気がする。眠りについてても、俺がいなくなったのを察知し目を覚ますのだ。そして振り出し。。結局そのあとは収集がつかず、結局嫁に寝かしつけもらいました。。くそ〜〜〜〜〜!すまん!世の父親!

 

1/27(水)

このままでは、この先お母さんの流れになってしまうのでなんとか寝かしつけないとあかん。以前、寝かしつけに成功したように寝室で音楽を鳴らし寝るモードにさせる。。が、、、完全に、この音楽に恐怖心を抱いている。やばいやばいみたいな顔になり泣き出す。本を読んであげるが、完全に意識は音楽の方に向き精神状態が不安定。このまま寝かしつけるのは、不可能だと思い音楽を鳴らしながら、お父さんとお母さんとねんねしようと言い聞かせ、3人で寝室に向かう。横にさせたのはいいものの、精神状態が不安定なので、泣きっぱなし。。こりゃあかんモードや。音楽を消して一度リビングに戻り好きな絵本を読ませていつも通りお母さんが寝かしつけ。他の作戦を考えなければいけない状態になっている。

 

1/25(月)

今日は音楽なしで寝かしつけに挑戦した。案の定、抱っこして寝室に行く時点で泣いている。「おかーーさーーん」って言っているようだった。音楽なしの為、お父さんの声のみでの寝かしつけになる。正直自信がない。なぜ、音楽をかけないようにしたかというと、音楽をかけると凄く怯えてるようでかわいそうという判断になった。お母さんと寝室に行くときは、バイバ〜イってお父さんにして気持よくねんね。やはり、お母さんがいないとダメか。。違う音楽で挑戦するか。また、ふりだしに戻ってしまった。上のねんねのノウハウどうしよう(笑)

 

1/23(土)

今日は寝かしつけに失敗をして、結局嫁さんに寝かしつけてもらうことになった。なんで今日失敗したんだろう。最近、娘と嫁が胃腸炎になりお互いが近くなりすぎたので、お父さんの寝かしつけは不安。いや、お母さんがいないと不安でしょうがないという様子だった。俺は寝る前に、お母さんとバイバイ&ハグをしたのも原因だと思うが。寝かしつけに自信を持ってから初めての失敗。同じ理由での失敗はなくしたいので、次回こういう機会があったら、お母さんとバイバイしないで自然にお父さんと寝室に行く流れにしようと思う。

1/21(木)第7回

寝かしつけ時間 60分

本日は苦戦した。いつも通り20:30に寝室に向かい寝かしつけ。最初から泣かずにおりこうで布団に入る。今日は楽勝だなと思っていた。口数も少なくなりあと少しだと思っいた時に「たーたん(お母さん)。。。うえーん」ふすまの明かりが漏れていた為、リビングにいるお母さんを想像させてしまった。もう一度、音楽を鳴らして寝かしつけ。目をつむって少し時間がたち起き上がろうとしたら、それに感づいたのか、「ポッポ。。ねんね。」寝返りをうつ。今回はこの様なやり取りを何回かして、結局1時間かかってしまった。

思い通りにいかないのが子育ての大変なとこもあり、楽しい部分なのだと改めて感じた。

 

1/20(水)第6回

寝かしつけ時間 20分

20:30

 

寝る時間になったので、寝室にスマホを起き音楽(youtubeの)を鳴らす。すると、隣の部屋にいる娘は、きたか。。という感じで表情が変わる。そして寝室に連れていく時は泣く。しかし、1分後には布団の中で泣き止む。最初は目がギンギンなので、今日一日のお話などから始める。徐々に口数が減ってきて、あとは黙ってたら夢の中に入りました。

 

1/18(月)第5回

20:30

土曜日から娘が胃腸炎になり、本日嫁さんも胃腸炎になったので自分が寝かしつけをした。

いつも通り、泣きながら布団に入り音楽を鳴らし30分くらいで寝た。と、思って起き上がったら娘が起きた。それを何回か繰り返した。まるで、「行かないで」と言ってるようだった。母親が調子悪いので不安になってしまったのかもしれない。こんな日もあるんだなと感じた寝かしつけだった。

 

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です