1歳半の子が1から10までの数を数えることに成功。その方法とは!

Sponsored Link

 

 

imgres1歳半になった娘が1から10まで数えられるようになった。

もちろん、3はシャーンという感じだけれども母音は合ってるので実際言えてるのと同じだ。

 

1歳半で10まで数えられる子供は周りにはいないので、なぜ娘が数えられるようになったのかを記していこうと思う。

 

塵もつもれば山となる作戦

 

娘が半年の頃から、一緒にお風呂に入るときはいつも10まで数えていた。1歳過ぎるまでは『何言ってるんだこの人』って顔をしていたが、だんだんと真似するようになった来たのだ。

 

人はちょっとできるようになってからモチベーション上がりそこから上達する

 

真似をし始めてからは、楽しくなってきたのか、楽しみながら数を数えていた。最初は、6が言えなかったり全然言葉が出てこなかったけれども、モチベーションが上がったと分かってからは2周間ほどで10まで言えるようになってた。

 

すでに立って歩いているお子さんをお持ちの方はわかるかもしれないが、子供がつかまり立ちしてから一人で歩くまであっという間だったと言う人は多いと思う。

 

うちも捕まり立ちしたな〜と思ってから2~3週間後には歩いていた。

 

これもきっと、つかまり立ちができたことによって楽しくなりモチベーションが高くなり早く歩きたいという気持ちも高くなった為だと僕は思います。

 

なので、1から10を数えられるようにするのも上記のやり方でうまく誘導できたのではないかと思う。

 

継続は力なりをこれからも娘の体に染み込ませよう。

 

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です