ダイエットの敵を倒さないとダイエットは続かない

Sponsored Link

 

 

s_00epあらゆる時に、痩せる。明日から頑張る!ご飯減らす!走る!

と言っているが、2kgくらい痩せたとこで爆食い。そして、元の体重に。。。。

 

自分は習慣化する能力が高いと思ってたけど、ダイエットが続かないのだ。

 

では、なぜ続かないのか

 

 

なぜ、早起きの習慣化は出来て、ダイエットの習慣化はできないのか。

 

 

「早起き」と「ダイエット」を比べて考えてみよう。

 

 

早起きを邪魔するモノは、「眠気」。その眠気を3秒で消せる技を俺は持ってる。布団から起き上がるだけ。

 

ダイエットを邪魔するモノは、「食事」。ご飯を腹8分目にする技を持っていない。

 

これだ!!

 

邪魔するモノの倒し方を知らないから、ダイエットの邪魔という敵に勝てないんだ。ご飯大好き人間で食べてる時はすごく幸せな気分を味わっている、その幸せを削っても良いものなのだろうか。

 

昔から、色々なことをした。

 

スルメをちょいちょい食べる→職場で臭い!と言われた

夜ご飯を豆腐鍋のみにした→妻に食費が逆にかかると怒られた

 

 

早起きの敵は、自分のみに対して。

 

ダイエットの敵は周りの環境にもいる。

 

 

しかし、あるとき良いアイディアを思いついた。

 

美味しいものをお腹いっぱい食べたけど、太らない方法!!!!

 

知りたいですか?知りたいですよね?

 

俺が思いついたのは、胃を小さくすることで少ない量でも満足感を得る

 

食事制限をするのではなく、胃を小さくすることを目標とするとまた違った視点だ

 

食事制限というのは、体に満足させませんと言ってるようなもんである。だから続かないし、少し続いてもストレスが貯まってたくさん食べてしまう日が来てしまう。これは辛いだけだわ!

 

胃を小さくするを目標にすると、少し頑張ればまたおなかいっぱい食べられるよ!ということなのだ!食事制限と全然モチベーションが変わってくる。

 

胃が小さくなる→少しの量でおなかいっぱいになる→満足する→体重も減る

 

この流れだ!!胃を小さくすれば、また食べる幸せを取り戻せる。

 

なので、これから胃を小さくするにはをグーグルで検索して実行していこうと思います。

 

 

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です