平地から屋根まで一日で組み立て!上棟式!

Sponsored Link

今日は上棟式だー。朝、8:30に家に向かうとすでに大工さんは作業を始めていた。

 

ほうほう。

 

1_large

 

木がたくさん立ってるぞ!そして、手前にはこれから組み立てようとしている木が大量に!ま、まさかこれを一日で組み立てるのか!?そんなことが可能なのか!?そう思いながら、僕もヘルメットをして現場に足を踏み入れた。

 

 

 

 

14_large

 

 

画像の下の方の木を見てみると「又ほ一」と書いてあるのがわかるだろうか。木の一本一本にこのような暗号?が書いており、設計図通りにハメていくみたいだ。木の一本一本にも各ポジションが決まっているのだ。

 

木はあらかじめ、工場で切られてくる。設計図通りに木は機械によって切られていく。なので、木をはめ込むときには釘などは一切使わずプラモデルの様にはめ込んでいくだけの様だ。もちろん、支えが必要な部分はぶっとくてでっかい釘のようなもので固定はするが見ているとほどんどされていない。

 

 

135_large

 

自分の家を自分で作ることによってより愛着を持ってもらうという、「ハンディプロジェクト」さんのコンセプトをもとに施主も大工に挑戦!小学校の時に図画工作は「努力しよう」という低評価だった俺がやっても大丈夫か!?(ちなみにプラモデルも作ったことない)

 

ゲームに出てくるようなぶっといトンカチで大工さんと息を合わせて叩いてく。近所に響く、コーンコーンコーンという音、まさか自分がこのような体験ができるとは思ってなかったのでとても新鮮で楽しかった。

 

 

43_large

 

今日は上棟ということでめでたいので、お昼は皆でお寿司&からあげなど!結婚式のようにこれも一生に一回だけの儀式なんだろな〜と思いながら満喫。大工さんは、ノンアルコールではなく、お茶を飲むというのはさすが職人!!!だと思いました。

 

 

 

 

49_large

 

 

14:00 裏の駐車場から見た家。ちょうどロフトの部分に板を貼ってるのが見える。朝は、下のコンクリしかなかったとは思えないくらい作業が早い〜〜。

 

 

62_large

 

 

まだまだ木はあるよーーー。スタンバってるよーー。そして、けっこう寒い!

 

 

 

103_large

 

屋根の天井部分の取り付け、ほぼ3階部分なので高い高い!見てる方も怖いです。でもさすがは大工さんですね。トンカチとか投げ合ってナイスコンビネーション!!

 

78_large

 

てっぺんができる事に、足場の組み立て屋さんが来て家の周りに足場がどんどんできていった。この時間に来てくれという伊丹工務店さんの指示がほんと凄いと中田製作所の中田さんは言っていた。

 

86_large

 

雨が降ると家の中の木が濡れてあかんことになるから、基本的に上棟は一日で屋根まで終わらせて雨が降って良いようにブルーシートをかぶせてこの日は終わった。

 

家作りを一日に6時間くらい見守ってただろうか。初めての経験で改めて大工さんの凄さとかっこよさを知った一日であった。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です