パエリアは失敗し続けて覚えろ

Sponsored Link

8103

 

1年ほど前にパエリア様の鍋を買ってから、その鍋を使って○○飯やステーキを焼いたり美味しい料理を作っているが

安定しないのが、パエリア。とにかく米の炊き具合が難しい。

 

おいしく炊けてなおかつ、良い感じのおこげを作る火の入れ具合。

 

昔に一回うまくできたのでもう俺はうまくできると調子に乗っていたが、この前パエリア奉行としてBBQ会場に呼ばれパエリアを作ったのだ。

 

実際に作ったパエリア

12938101_1099662470095902_8512559289617381260_n

 

見た目はGOODだが、味とご飯が全然ダメ。。。。

 

まず、味付けで失敗したのは、出汁の弱さ。ボイル済のエビを使ったので出汁が全然出ず。。あさりも思ったよりも出汁が出ず。。。

 

そしてご飯。最初に出来上がりを試食した時には、ご飯が硬くて食べられる状態ではなかった。この時の絶望感はやばかった。みんな凄く期待しているのに期待に答えられない虚しさが。。しかも味もない。

 

なぜ失敗したのか、それは外という環境であった。だし汁を作るときに少し思ったのが、火の通りが悪い。強火で普段の弱火みたいな感じ。でも俺はレシピ通り手順をこなしてしまった。その結果、火加減が全然違うのでご飯がカタカタなパエリアが出来てしまったのだ。

 

そして、先日外で作ったときと同じレシピを家で作った。

今度はリゾットの様に少しベチャベチャした感じのご飯になってしまった。味に関しては、出汁の味見をしていたので問題はなかった。

ベチャベチャになった理由として、パエリアパンにピッタリと合う蓋をしてご飯を炊いたこと。つまり、水分の逃げるとこが無いのだ。炊飯器だと、炊きあがり前は蒸気が出て水分を飛ばしてる。今回はその役目が果たされてなかったのだ。

 

二度も悔しい思いをしたので、次こそはとネットで調べてみると信頼できる良いレシピがありました。次回のパエリアはそのレシピで作ってみようと思います。

 

次回のパエリアブログは、「絶対に失敗しないパエリアを作る方法」をお届けします。ではでは

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です